違いを知ることで、どちらの作業が必要なのかを確認

子供がガラス片を触らないか不安~ガラス修理・交換の疑問~

ガラス修理とガラス交換の違い

ガラス修理とは、ガラスの補修・枠とガラスを固定するためのゴムパッキンの交換などのことをいいます。ガラスの表面に出来た浅い傷や薄いヒビ割れなどは、職人が研磨し修復することが可能なので、ガラス修理を依頼するとよいでしょう。そして、今使っているガラスを機能性を持つガラスに交換する場合や、ガラスが割れてしまった場合など、このようなケースはガラス交換となります。ガラス修理もガラス交換も、基本的にどこのガラス修理業者でも対応しているので、どちらにするのか判断しましょう。

修理・交換にはどれくらいの時間が必要?

現場の場所にもよりますが、電話依頼の後30分前後で到着出来るようにしています。ガラス修理に必要な時間は、建物の作りや窓の種類、サイズによっても違いがありますが、一般的な作業は最短で30分前後かかります。ですから、依頼から作業完了まで1時間程度を見積もっておいて下さい。

ガラス修理・交換の手順はずばりこんな感じ

ガラス修理の手順

サイズを図る

修理するガラスのサイズや傷やヒビの深さを測ります。

作業開始

交換が必要なパーツが無いか確認、用意をします。

ガラス掃除

付着物が無いように綺麗に掃除し研磨します。

交換

交換が必要なパーツをはめ込み、調整します。

作業完了

きちんと動くか最終確認をして、作業完了です。

ガラス交換の手順

サイズを図る

修理するガラスのサイズや厚さを測り、交換するガラスの種類を確認します。

作業開始

交換する新しいガラスの種類を用意します。

取り外し

サッシをドライバーなどの工具を使い分解して元々のガラスを取り外します。

交換

新しいガラスと交換をして、サッシを組み立てます。

作業完了

窓枠にサッシを戻して、きちんと動くか確認をし、作業完了です。

ガラス修理業者に電話連絡する際、ガラスのサイズや種類をあらかじめ使えておくと作業がスムーズになります。ガラス修理や交換の際は、サイズを細かく設定し分けている業者を選ぶと、カットする量や時間を押さえることができ、料金も安くなることがあるので覚えておきましょう。

TOP_button