強化ガラスの特徴を確認!用途にあった種類を選ぼう

強化ガラスと防犯ガラスは違う~似ているようで似ていない両者~

ガラス修理を行なう際に強化ガラスと防犯ガラスの違いについてあまり理解していない人も多いでしょう。この2種類のガラスの特徴を確認しておきましょう。

強化ガラス
強化ガラスは、面での衝撃に強いという特徴を持っています。ガラスに思いっきり人がぶつかっても割れにくいのですが、先の尖ったもので叩くと粉々に割れてしまいます。このガラスは、「割れても安全」をコンセプトに作られているので、子どもが多い場所や公共の場でよく利用されています。
防犯ガラス
防犯ガラスは、傷が付いても周りに連鎖しないという特徴があります。1箇所貫通させるには大きな力を必要としませんが、人が通れる位大きな穴を開けようとすると、大変な体力と時間が必要になります。文字通り防犯に適したガラスなのです。

強化ガラスは用途に合わせて選ぶ

ホームタフライト
このガラスは、住宅用の強化ガラスです。住宅とはすこし違いますが、自動車のサイドガラスで使われているといったら馴染みがあると思います。一般的なガラスに比べ約3~5倍の強度を持っている、とても丈夫なガラスです。
スクールタフライト
名前の通り、学校用の強化ガラスです。厚さは4~5㎜くらいです。ガラスの破損による生徒の被害を防ぐために作られました。スクールタフライトは、子どもたちが安全に学校生活を送れるように開発されたガラスなのです。
ミントペーンスーパー
ぼかし効果があるタイプの強化ガラスです。このガラスは、お風呂場や洗面所などで使われている場合が多く、不透明なのでプライバシーを守ってくれます。また、ぼかしが入っていますが、他の強化ガラス同様粒状に細かく割れるので、安全性も問題ありません。
パイロクリア
強化と防火の効果があるガラスです。特殊な熱処理をしており、普通のガラスの約6倍の強度があります。万が一割れてしまっても、粒状に割れることに変わりありません。また、防火ガラスとしての機能もあるので、とても安心です。
TOP_button